【内野車いす席正面砂かぶり3塁寄り】広島カープの座席紹介!

【内野車いす席正面砂かぶり3塁寄り】 | 広島カープの座席解説から購入まで




マツダスタジアムは2009年に設立された、比較的新しいスタジアムです。そのため、マツダスタジアム内の施設はしっかりとバリアフリー化されているので、車いすの方も楽しむ事の出来る野球球場となっています。

さて今回は、マツダスタジアム内の席でも1番価格の高い「正面砂かぶり席」内に設置されている「内野車いす席正面砂かぶり3塁寄り」のご紹介をします。ご覧ください。

広島カープの内野車いす席_正面砂かぶり3塁寄りの特徴

車いすの移動で気になるのは、お手洗いの問題が大きいと思います。特に「内野車いす正面砂かぶり3塁寄り」は、マツダスタジアムの最前列に設置してある座席でもありますが、お手洗いの問題は心配しなくても大丈夫な座席となっています。

何故なら、正面砂かぶり席専用の通路にお手洗いが設置してあるので、すぐに利用することが出来るようになっているからです。

そして、砂かぶり席までの移動は車いすの場合、グラウンド1階からマツダスタジアムのホスピタリティスタッフが誘導してくれるので、階段を通ることなく専用の通路で正面砂かぶり席まで直接行くことが出来ます。

広島カープの内野車いす席_正面砂かぶり3塁寄りの特徴

マツダスタジアム、内野車いす席_正面砂かぶり3塁寄りの位置

「内野車いす正面砂かぶり3塁寄り」の席は、マツダスタジアム内にある「正面砂かぶり席」の最前列の1番右側に設置されている席です。

最高!「内野車いす席_正面砂かぶり3塁寄り」からのマツダスタジアムの眺め

内野車いす正面砂かぶり3塁寄りは、正面砂かぶり席の最前列に設置されています。目の前にはバッターボックスがあり、選手をとても間近に見る事が出来る座席となっています。そのため、車いすの人でも楽しむ事が出来る席となっています。

グラウンドまでの高さが104cmあるので、ボールの動きがよく見る事も出来ますが、車いすの高さによっては目線を遮ることになってしまうかもしれません。ですので、チケットを購入前に高さの確認をしておくことをおすすめします。

最高!「内野車いす席_正面砂かぶり3塁寄り」からのマツダスタジアムの眺め

マツダスタジアム「内野車いす席_正面砂かぶり3塁寄り」の楽しみ方

「内野車いす席正面砂かぶり3塁寄り」の楽しみ方は、なんと言っても選手を間近に見ながら応援する事が出来ることではないでしょうか。他の指定席では、一番後ろの席に車いす席は設置されているので、「内野車いす席正面砂かぶり3塁寄り」ほど近くで観戦出来る席はありません。

マツダスタジアム「内野車いす席_正面砂かぶり3塁寄り」の楽しみ方

広島カープ「内野車いす席_正面砂かぶり3塁寄り」の購入方法

広島カープ公式HPのみでの販売となります。

内野車いす席正面砂かぶり3塁寄りの席は1試合に1席と数が少ないので、広島カープ公式HP上ではすぐに完売してしまいます。

広島カープ「内野車いす席_正面砂かぶり3塁寄り」の値段

1席5000円
※介助の人も料金が1名につき5000円かかります。

※車いす1名につき、介助の人は2名まで利用可能です。
そして、正面砂かぶり3塁寄りのみ介助の人は1名まで利用可能となっています。

1試合に1席となっているので、他のチケットとは違い転売はされていないようです。

よく比較検討される内野車いす席との違い

内野車いす席との違いは、やはり観戦する場所が全く違うという所です。

内野車いす席正面砂かぶり3塁寄りは、正面砂かぶり席の最前列に設置されているので選手を間近に応援することが出来ます。そして、内野車いす席は1階のコンコースの階に設置されている席なのでグラウンドから遠くはなれているのです。

内野車いす席正面砂かぶり3塁寄りは、正面砂かぶり席の中でも1席分しか設置されていないですが、内野車いす席は多く設置されているので内野車いす席の方が、比較的チケットを購入しやすくなっています。

広島カープの内野車いす席正面砂かぶり3塁寄りのまとめ

今回は3箇所ある砂かぶり席の中に1箇所しか設置されていない「内野車いす席正面砂かぶり3塁寄り」について、ご紹介いたしました。

いかがでしたか?1試合に1席しかないという事もあり、他の内野車いす席よりも購入するのが難しくなっていますが選手を目の前に見る事の出来る席は他ないので、かなりおすすめの席となっています。みんなで観戦にいきましょう!

広島カープの全座席まとめ

マツダスタジアムの全座席をまとめて確認したい人はこちらを確認ください。

【マツダスタジアム】広島カープ戦のシート種類をどこよりも詳しく解説!

2018.08.02



ABOUTこの記事をかいた人

3neco

カープと、飼い猫3匹をこよなく愛するフリーライター。 独自の視点から、分かりやすくマニアックな記事をお届けできるように日々奮闘中です。