ベイスターズのオススメ最安チケット!ホーム外野立ち見席をご紹介

【ビジター外野立ち見席】横浜ベイスターズの座席解説から購入まで




横浜スタジアムの外野ライト側で見るホーム外野立ち見席は、値段が安く、手軽に生観戦ができる初心者おすすめのチケット。ベイスターズファンになってまだ間もないならば、とりあえず球場の雰囲気をつかむために購入するとよいでしょう!ここではホーム外野立ち見席の特徴やチケットの購入方法および値段などをまとめて紹介しています。横浜スタジアムで観戦を考えている方は、ぜひご覧ください。

最安チケット!ベイスターズのホーム外野立ち見席

横浜スタジアムのホーム外野立ち見席は、スタジアムライト側に位置する立ち見席。最安値のチケットでもあります。外野側最後列のため、スタジアム全体を見晴らすような景色となります。また、席がそのまま通路となっており、ある程度のスペースは設けられています。

注意点として、ホーム外野立ち見席は、反対側のビジター立ち見席より人気があります。そのため、比較的混みやすいです。指定席もないので、確実に場所を確保したいのであれば、早めのスタジアム入りを心掛けましょう。

横浜スタジアム内の「ホーム外野立ち見席」の位置

横浜スタジアム内の「内野指定席FA」の位置

基本的にホーム外野立ち見席は、スタジアムライト側最後列の席となります。しかしながら、横浜スタジアムのホーム外野席は、試合によって席の広さが異なるLOW、MIDDLE、HIGHの3パターンいずれかに設定されます。

そして、ホーム外野立ち見席は、MIDDLE、HIGHになるにつれて範囲が広くなり、レフト側にも及びます。LOWの試合だと範囲が最も狭いライト側のみとなり、HIGHだとレフト側を含めた外野ほぼ全ての範囲がホーム外野立ち見席となります。

レフト側は人が少ないため、余裕をもって観戦することができます。観戦は、HIGHの試合がおすすめです!

ベイスターズ「ホーム外野立ち見席」の観戦イメージ

ホーム外野立ち見席は、人気の席のため開場と同時にスタジアム入りしなければ、席はあっという間埋まってしまいます。できれば、開場1時間以上前にはスタジアムについた方が確実です。

Shinya Saitoさん(@shinya__3110)がシェアした投稿

基本的に設けられた鉄柵にもたれかかりながら立って観戦します。常に立ってなければならないため、試合開始から終わりまでいる場合だと、足が疲れてしまうのは覚悟しなければなりません。

また、最後列の席のため、選手の後ろ姿を球場全体から見渡すような景色となります。細かな動作を見るのは困難ですが、スタジアムの生の雰囲気は肌で感じることができます。

横浜スタジアム「ホーム外野立ち見席」の楽しみ方

ホーム外野立ち見席では、ベイスターズを応援するファンが大半です。ファンと一体になって応援すれば、テレビで観戦には何にも言いようがない楽しい気分を味わえます。

また、売店を利用すれば楽しさはさらに増します。売店には、スタジアムにしかない珍しいグルメも用意されています。友達やカップルと一緒に飲み食いして野球の話で大いに盛り上がりましょう!

ベイスターズ「ホーム外野立ち見席」の購入方法

横浜スタジアムの公式戦のチケットは、インターネット、店舗、電話、横浜スタジアムのいずれから購入できます。購入方法の詳細は横浜スタジアムの公式サイトに記載されています。

チケットは基本的に先着順です。ホーム外野立ち見席の場合だと、LOW、MIDDLE、HIGHでチケットの枚数が異なります。LOWが席の範囲が最も狭く、枚数にも限りがあります。チケットの販売状況はネットで確認できるので、事前によく確認しましょう。

ベイスターズ「ホーム外野立ち見席」の値段

横浜スタジアムにおけるホーム外野立ち見席の値段は、基本料金1900円です。(ファンクラブWEB割料金も同様)

しかしながら、横浜スタジアムでは、試合によって☆1から5の5パターンに値段が変動するフレックスプライスを設定しており、必ずしも基本料金で購入できるというわけではありません。具体的には、以下の通りとなります。

☆3が基準となる。
人気の試合であれば、基準より上の☆4、5(+300、600円)に設定され値段が上がる。
反対に人入りがあまりよくない試合だと☆1、2(-300、600円)に設定され値段が下がる。

フレックスプライスは、値段が300円単位で変動します。ホーム外野立ち見席の場合だと、最大で2500円、最小で1300円まで値段が変動することになります。

ホーム外野立ち見席は最安値かつホーム側の人気チケットです。早めの購入を心掛けましょう。

比較される「ホーム外野立ち見席」との違い

ホーム外野立ち見席のちょうど反対側となるビジター外野立ち見。ほとんど同じ席といえますが、横浜スタジアムだと、LOW、MIDDLE、HIGHの3パターンによってその範囲が異なるので注意が必要です。

ホーム外野立ち見席だと、広くなることはあっても狭くなることはなく、範囲はレフト側にまで及びます。ですから、ベイスターズファンであればホーム外野立ち見席にしておけば、まず大丈夫です。

ただし、ライト側のみのLOWの試合だと席の混雑が予想されます。余裕をもってみるために、あえてビジター外野立ち見席を選ぶのも一つの選択肢といえます。

ベイスターズのホーム外野立ち見席のまとめ

横浜スタジアムのホーム外野立ち見席は、最安値となる人気チケットです。試合開始前から多くの人が来るため、早めの入場を心掛けたほうがよいです。

また、試合によって、LOW、MIDDLE、HIGHいずれかで、その範囲も異なります。事前確認は忘れないようにしましょう。チケットは、外野ほぼ全域が範囲となるHIGHの試合の日がおすすめです。



ABOUTこの記事をかいた人

ぶん文太

SportsMap公式ライター。特に野球(横浜DeNA)、大相撲、ボクシング、陸上に関心あり。趣味は陸上(短距離)。オズワルドが好き。